コミュニケーションは看護師として重要なものです。

私はコミュニケーションをとることは看護師の仕事としては最も大事なものの1つであると考えています。
もちろん、患者さんたちの日々の体調を知る為のコミュニケーション、その他にも患者さんたちの気晴らしの1つにもなるのですから、看護師としては絶対に必要なものの1つであると考えています。コミュニケーションが足りないことで、患者さんの体調の変化に気付くことができなかったとなれば最悪なことにもなりかねません。確かに看護師として、様々な症状、ケガなどの処置にも携わりますし、採血や回診なども行います。ただ、そんな中でもコミュニケーションだけは作業であってはいけないことです。もちろん、患者さんだけではなく、医師やその仕事に携わる方々とのコミュニケーションも重要なものです。その1つ1つで色々な情報を得ることができるのですから、会話というコミュニケーションは最重要項目ではないかと私自身は常に思います。
私自身もこうは言っていますが、実は人見知りで、看護師になりたての頃はなかなかうまく会話が切り出せませんでした。中には患者さんから色々と声をかけてくれたりもして助かったと思うような場面も数多くありましたが、実際にはこちらから声をかけれるくらいでないと本当に何もほとんどしゃべらず終わるというのも少なくありません。そんな環境を打開するためには、自分自身が変わらないといけないことを常々当時は思いました。今でこそいえるものではありますが、コミュニケーションは大切なものだと感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です